生姜シロップの作り方

おすすめの生姜レシピ

おすすめの生姜レシピについてまとめてみました。日本では昔から生姜の伝統的なレシピがたくさん受け継がれてきましたが
その中で、代表的で人気の生姜レシピ、「はちみつ生姜シロップ」、「炊き込み新生姜ご飯」、「あっさり新生姜ご飯」などをまとめてみました。

「はちみつ生姜シロップ」

ハチミツ100ccとおろし生姜大さじ1
※瓶やタッパーに入れて冷蔵庫で保存し、お早めにお召し上がり下さい。
(1)お湯で割って、はちみつ生姜湯に
(2)紅茶に入れて、はちみつ生姜紅茶に
(3)ココアに入れて、はちみつ生姜ココアに
(4)ミルクティーに入れて、はちみつ生姜チャイに
(5)ホットミルクに入れて、はちみつ生姜ミルクに
(6)パンにつけてnはちみつ生姜トーストに
(7)魚やお肉の煮物に入れても美味しいです。

生姜シロップの作り方

「炊き込み新生姜ご飯」

【材料】
お米 3合分、新生姜 50~100グラム、油揚げ 1枚、しょうゆ 大さじ1.5、酒 大さじ1、ほんだし 小さじ1、昆布茶 小さじ1/2
【作り方】
(1)お米を洗って分量の水で30分以上ひたします
(2)新生姜を千切りにし、2、3分さらしざるに上げます
(3)油上げを刻みます
(4)炊飯器に(1)(2)(3)と調味料をすべて入れ、炊飯します
(5)炊き上がったらさっくりと混ぜて出来上がり

「あっさり新生姜ご飯」

【材料】
お米 3合、新生姜 50~100グラム、昆布茶 大さじ1
【作り方】
(1)新生姜を千切りにし、2、3分水にさらしざるに上げます
(2)(1)をざるに上げ水分を切り、ボウルで昆布茶と和えます
(3)炊き上がったらご飯に(2)を加え軽く混ぜ、炊飯器の蓋をして2、3分蒸らします
(4)蒸らし終わったらさっくりと混ぜ合わせて出来上がり

※新生姜の分量はお好みですが、100グラムはピリッと辛い感じです
※熱いうちは辛味を強く感じますが、冷めると辛さが和らぎます

「しょうが焼きのたれ」

【材料】
りんご 3/4個、たまねぎ 1/2個、生姜 親指大1、にんにく 1かけ、濃い口しょうゆ 100cc、日本酒 50cc
【作り方】
(1)りんご、玉ねぎ、生姜、にんにくをすりおろし調味料とあわせます。(ミキサーでもOK)
(2)豚肉300グラム~500グラムをたれと一緒にポリ袋に入れて揉みこみます。
(3)野菜やりんごの水分が多いですが、ざっと火が通ったらお肉を広げて少し焼き付けるように仕上げてください。

たれの保存は、冷凍庫か、冷蔵庫なら3日以内に使いきってください。
鶏肉・鶏・豚のミンチでそぼろ作りにもどうぞ

おすすめの生姜シロップ市販

選べる生姜専門店の3本セット


これは旨い!
すべて大人のジンジャエールにて頂きました。
甘さもほどほどあるので非常に呑みやすいです。
もちろん生姜の辛さもちょっと遅れてグッとくるので、非常に美味しいと感じました。
炭酸で割るのが一番かな? ミネラルでもいいですが。
お酒の組み合わせは何がいいのだろうか?自宅にはバーボンぐらいしかないが・・・

長崎産の生姜シロップ(ジンジャーシロップ)(しょうが湯)


●純生姜と、純黒糖のみで仕上げた、無添加・無着色・無保存料シロップ。

完全国産の原材料のみを使用した、純度の高い濃縮シロップです。本物の素材のみを使い、栄養価がしっかり詰まった一本へと仕上げました。老化と戦う滋養食として、体調管理のための栄養食として、濃厚な還元力を身体の芯からご実感ください。商品は瓶の底に沈殿物がございますが、これは純度が高い証です。よく振って全体が均一の濃さになってからご使用ください。

●長崎県産の豊かな自然で育った生姜。

生姜はもともと薬用として使用され、
医療用の漢方薬や健康食品に広く使われています。
生姜は、血行を良くして体温を高め、脂肪や糖の代謝を促進してくれます。
そのため冷え性の改善に効果・効能が期待されています。
また、膝や腰などの関節の痛みは、体の冷えが原因で起こるため、
体を温めることで関節の痛みを和らげることができます。胃腸の内壁の血行を良くし、 胃腸の働きを活発にして食べ物の消化吸収を高めます。 また、免疫細胞である白血球を増やして免疫力を高めてくれます。 殺菌作用、免疫細胞を活性化、胆汁の分泌を促進、抗炎症作用、 冷えを改善、吐き気や頭痛を抑える作用、老化を防ぐなど様々な働きを持っています。

辛いけど甘くて飲みやすいです!
以前200ml1200円くらいの他店のジンジャーシロップ(レモン・シナモン入り)を試したところ、生姜大好き辛いの全く大丈夫な人にはおいしいのでしょうけど、私には辛すぎてだめでした…。
この商品は甘いです!本当に甘い!良い意味で!
喉は少しヒリヒリするけど、そのままでも食べられるくらいおいしかったです!
試しに舐めてみただけでお腹がポカポカしました。
毎朝飲んでいる青汁豆乳の甘みをメープルシロップからジンジャー黒糖に変えてみました。量はメープルより多く必要だけど、体あたため効果を期待して続けていこうと思います。国産へのこだわりと送料無料がありがたいです。

なぜ生姜で体が温まるのか?効果は?

生姜の効果・効能について調べてみました。

ずっと以前から、生姜を加えた葛湯は、体を温めて免疫力を高める効果があるため、
風邪の時にはよく利用されますよね。これは、生姜の成分として含まれている
3つの辛味成分「ジンゲロール」「ショウガオール」「ジンゲロン」が関係しているのです。

この3つの成分で一番多いのが「ジンゲロール」なのですが、この辛味成分は、
「温覚」という温かさを感じる神経を刺激するそうです。なので、生姜を食べると
のどや胃の温覚が刺激されて「温かい」と感じるということです。

で、この刺激はすぐに脳に伝わって、脳から「体の温度を下げよ」という命令がでて
熱を下げるために、汗がでたり、血行が良くなったりという反応が現れるということなんです。

温効生姜で使用している乾燥生姜の含有量は、なまの生姜の375倍に増大する結果がでています。※試験依頼先 (財)日本食品分析センター

割と評判のいい生姜湯(市販)

黒糖入り生姜湯

黒糖入り生姜湯:お湯呑みやマグカップにスプーン2~3杯の生姜湯を入れ、熱湯を注いでよくかき混ぜてお飲みください。濃さはお好みの味に調節して頂いて構いません。冷やして飲む場合も、生姜湯を一度熱湯で溶かした後に冷やしてお飲みください。

しょうが湯 辛味絶佳

しょうが湯 辛味絶佳:創業明治九年の製薬会社、うどんや風一夜薬(かぜいちやくすり)本舗が創製した特製しょうが湯(生姜湯)です。すりおろした生姜がたっぷりの本場のとろみ。冬はアツアツしょうが湯で体を芯からポカポカに、夏は暑気祓いに冷やししょうが湯としてお楽しみいただけます。昔懐かしい味のしょうが湯をご健康にお役立て下さい。合成甘味料・合成着色料・香料などは使用していません。辛味絶佳。

マルシマ しょうが湯


マルシマ しょうが湯:国内産の生姜を『一物全体食』の考えから 丸ごとすりおろし、昔ながらの直火窯で コトコト時間をかけて炊き上げたしょうが湯です。

精製度の低い粗糖を使用していますのでコクがあります。本くず節蓮根入り。スポーツやレジャーのお供に、また寒い夜のひとときに。12袋入。

●召し上がり方
1袋を約150cc(カップ8分目)の熱湯でといてお召し上がりください。
※熱湯の量はお好みにより加減してください。
夏季には熱湯でといた後、冷やしたり凍らせても美味しくお召し上がりいただけます。
ここからは、日本の生姜産地・出荷量のランキングです

日本の生姜:産地・出荷量のランキング

日本の生姜:産地・出荷量のランキングです。高知県の出荷量は極めて多く、年間の出荷量は、なんと16,481tで、日本国内のほぼ40%を占めています。2位は、熊本県、3位に千葉県が続きます。

●出典はアプレスのサービス
農作物販売促進サイト「ジャパンクロップス」
ジャパンクロップスは、農作物を販売したい日本の農家・農業従事者と、日本の農作物を購入したい国内外の消費者を結び付ける目的で運営される農業に特化したWebサイトです。多くの方々にサイトを訪問してもらえるよう、販売情報だけでなく、農家さん情報、農作物、日本の農業全般に関わる情報等を幅広く提供しています。

ここで、ひとつとても便利なサイトを紹介します。

統計で見る日本

e-Statは、日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイトです。
統計データを検索したり、地図上に表示できるなどたくさんの便利な機能を備えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です